Member

良いテクノロジーは、触れた瞬間わかるもの。頭だけでなく、心まで反応するから。心動かす。心踊る。心弾む。そんなテクノロジーこそが、本当の意味で「クリエイティブ×テクノロジー」なのだと思います。ひとのモチベーションや、創造力も、テクノロジーの力でよりよくしていきたい。私たちは、誰もがワクワクできるクリエイティブ×テクノロジーのあり方を考え、ソリューションを創造するチームです。

  • 青木 千隼

    Chihaya Aoki 

    博報堂DYホールディングス
    マーケティング・テクノロジー・センター 研究開発1グループ
    兼 博報堂テクノロジーズ

    2017年博報堂入社。FMCG領域におけるマス/デジタルマーケティング業務に従事。2019年より現職、広告自動生成関連のプロジェクトを中心にAI,XR等先端技術を用いたプロダクトマネジメントに従事。

  • 秋山 大地

    Daichi Akiyama 

    大広
    WEDO プロデュース力Division チームデジタルプロデュース力

    クリエイティブプロデューサー/デジタルプロデューサー。2007年大広入社。10年間の営業職を経て、スタッフ部門へ。メディアプロデュースからwebサイト制作・プロモーション企画立案・PRなど幅広く対応。

  • 阿久津 渡

    Wataru Akutsu 

    大広
    東京第1ブランドアクティベーションプロデュース本部 D2Cビジネス推進局 コンサルティングチーム2 兼 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)

    2007年大広入社。10年間の営業職を経てスタッフ部門へ。
    2019年よりメディアパートナーズデジタル部門およびDACへ出向。各クライアント課題に対し、デジタルマーケティング領域を中心としたソリューションを提供。

  • 浅野 真史

    Shinji Asano 

    博報堂プロダクツ
    映像クリエイティブ事業本部 クリエイティブプロデュース2部
    浅野チーム チームリーダー

    プロデューサー/映像、グラフィック含め幅広いクリエイティブプロデュースを行う。

  • 池本 敦美

    Atsumi Ikemoto 

    アイレップ
    テクノロジービジネスUnit 広告運用プロダクト企画Div
    Division manager

    アイレップにて運用型広告のメディアスペシャリストとしてナレッジ開発に従事。その経験を元に、現在はメディア×AI活用・DX推進のプロダクト企画業務を担当。

  • 生駒 明之

    Akiyuki Ikoma 

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)
    技術統括本部 SoR推進局 シニアマネージャー

    2017年DAC入社。現在に至るまでメディアプランニング統合プラットフォームXmediaOne®の開発に従事。近年は広告出稿状況調査サービスStats!One他、社内基幹プロダクトの開発にも携わる。

  • 石橋 太朗

    Taro Ishibashi 

    大広
    大阪ブランドアクティベーションプロデュース本部 D2Cビジネス推進局 デジタルプロデュースチーム チームリーダー 兼 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)

    1996年大広入社。主にテレビメディアのプランニング部門に従事。その後メディアパートナーズデジタル部門およびDACへの出向を経て、現在はマス・デジタルを網羅した統合メディアプランナーとしてブランディング領域からダイレクト運用まで様々なコミュニケーション業務に携わる。

  • 伊藤 綾

    Aya Ito 

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)
    メディアソリューション本部 メディア戦略局 メディアDX推進部

    インターネットメディア事業会社法人営業を経て、2017年DAC中途入社。Dメディアパートナーズやアドサーバー、広告計測ツールなど自社/外部問わずプロダクトの導入運用サポートに従事。現在はGoogleプロダクトを活用したデジタルマーケティング支援に取り組んでいる。

  • 今栄 牧人

    Makito Imae 

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)
    プラットフォームストラテジー本部 第二プラットフォーム推進局 Google推進部

    博報堂DYデジタルに2018年中途入社。Googleプロダクト(Gメディアパートナーズ,GCP,ADH)を中心としたプロダクトサポートやCDPを活用した分析までデジタルマーケティングに従事。

  • 岩井 千妃呂

    Chihiro Iwai 

    アイレップ
    テクノロジービジネスUnit プロダクト開発Div AI戦略グループ

    官公庁向けシンクタンクを経て、アイレップAI戦略部門での研究業務とマネジメントを担当。自然言語処理や経済・統計分析手法を用いたデータソリューションを提供している。

  • 岩佐 篤

    Atsushi Iwasa 

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)
    技術統括本部 データ解析局 第一データ解析部 マネージャー

    データ分析コンサルやアパレルECなどを経て2016年DAC途中入社。AudienceOne®データを活用したオーディエンス拡張や属性推定などのアルゴリズム開発を経て、現在はDAC保有データを活用した分析プロダクトの開発チームのプレイングマネージャーを行っている。

  • 永川 智也

    Tomoya Egawa 

    博報堂
    生活者エクスペリエンスクリエイティブ局 永川チーム GM
    兼 データドリブンプラニング局 データマーケティング部

    博報堂DYグループオリジナルの意識データにプラットフォーマー各社の行動データを組み合わせた戦略立案から、クリエイティブ、キャスティング、メディア、ナーチャリング、KPI設計、PDCAまでを統合したディレクションを実施。各専門チームもマネジメント。

  • 大﨑 翔平

    Shohei Osaki 

    博報堂テクノロジーズ
    マーケティングDXセンター プロデュース1部長

    SIerを経て2018年に博報堂中途入社。広告マーケティングのストラテジーツールの開発・運用やデータ基盤の開発業務に従事。

  • 大西 一貫

    Kazuhiro Onishi 

    アイレップ
    テクノロジービジネスUnit プロダクト開発Div AI戦略グループ

    学生時代の起業、卒業後のSIerを経て2016年アイレップに入社。研究者としてAI技術の産業応用について研究し、アイレップ内の複数の研究プロジェクトを管轄している。

  • 大場 隆広

    Takahiro Oba 

    アイレップ
    テクノロジービジネスUnit プロダクト開発Div 第2プロダクト開発グループ

    2019年アイレップに中途入社。稼働中のシステムのインフラ・運用改善を推進。現在は、アイレップのAI研究成果を新規プロダクト化するためのプロダクトエンジニアとして従事している。

  • 岡部 耕司

    Koji Okabe  

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)
    執行役員 メディア&ソリューション統括補佐 兼 メディアソリューション本部長 兼 メディアソリューション本部 パフォーマンスクリエイティブ室 マネージャー

    2004年DAC入社。現在、執行役員メディアソリューション本部長として、デジタルプラットフォーマーをはじめとするメディア企業領域を管轄。運用型広告におけるクリエイティブ制作組織の立ち上げとマネジメントにも従事。

  • 小川 楽

    Gaku Ogawa 

    博報堂テクノロジーズ
    マーケティングDXセンター プロデュース1部

    SIerのエンジニアを経て2019年博報堂中途入社。マーケティングシステムの開発・運用や研究開発業務におけるプロトタイプの作成、システム開発技術検証業務などに従事。

  • 小澤陽介

    Yosuke Ozawa 

    博報堂プロダクツ
    映像クリエイティブ事業本部 クリエイティブプロデュース2部 萩ノ谷チーム

    プロダクションマネージャー/主に、映像制作物の幅広いクリエイティブプロデュースの、制作進行を行なっています。

  • 小野寺 敬

    Kei Onodera 

    博報堂DYメディアパートナーズ
    博報堂DYメディアパートナーズ メディアビジネス基盤開発局 システム開発部長 兼 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC) 兼 博報堂テクノロジーズ

    開発マネージャー/メディアプラニング実務を経て、メディアプラニングツール開発・基盤システム開発に従事

  • 帷 勝博

    Katsuhiro Katabira 

    アイレップ
    取締役

    アイレップの事業の要である運用型広告を牽引し、業績を一気に拡大させるビッグビジネスへと育て上げる。2015年1月には最年少で執行役員へと就任。 2019年からは取締役として広告運用領域、データ活用領域を管轄。

  • 木下 陽介

    Yosuke Kinoshita 

    博報堂DYホールディングス
    マーケティング・テクノロジー・センター 室長代理兼研究開発1グループ GM チーフテクノロジスト 兼 博報堂テクノロジーズ Creative technology lab beat リーダー hakuhodo-XR サブリーダー

    2002年博報堂入社。以来マーケティング/コンサルタント職として複数のクライアント業務に携わる。2010年より現職で、データ・デジタルマーケティングソリューション開発に携わる。また2016年よりAI領域、XR領域の技術を活用したサービスプロダクト/プロトタイプ開発プロジェクトを推進。テクノロジーベンチャープレイヤーとのアライアンスも行っている。

  • 木村 朋子

    Tomoko Kimura 

    読売広告社
    DX戦略推進局 デジタル戦略デザイン部 パフォーマンスクリエイティブグループ

    シニアクリエイティブプランナー。2009年読売広告社入社。営業職、ダイレクトビジネスコンサル、デジタルマーケティング戦略プランナーを経て、現在パフォーマンスクリエイティブチームに所属し、デジタルクリエイティブ制作業務に従事。

  • 久保田 修平

    Shuhei Kubota 

    博報堂DYホールディングス
    マーケティング・テクノロジー・センター 研究開発1グループ

    2019年博報堂入社。博報堂DYホールディングスマーケティング・テクノロジー・センターで研究員として、ソーシャルデータ分析や機械学習技術を用いたソリューション開発に従事。

  • 鍬形 治

    Osamu Kuwagata 

    博報堂プロダクツ
    執行役員 動画ビジネスデザイン室長

    2001年博報堂フォトクリエイティブ(現・博報堂プロダクツ)中途入社。企画制作事業本部を経て、2020年動画ビジネスデザイン室設立。

  • 向後 健

    Ken Kohgo 

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)
    執行役員 博報堂デジタルイニシアティブ統括補佐 兼 パフォーマンスデザイン本部 本部長

    2013年より博報堂DYメディアパートナーズに入社。その後はデジタルメディア領域のプロデュース業務に従事。現在は、博報堂DYグループのデジタル広告運用を担う、博報堂デジタルイニシアティブ パフォーマンスデザイン本部長として従事。

  • 才田 智司

    Tomoshi Saida 

    博報堂
    マーケットデザイントランスフォーメーション戦略局

    1988年博報堂入社。コピーライター、映像制作、ブランディング業務を経て、クリエイティブ局長、アクティベーション企画局長、博報堂DYメディアパートナーズクリ&テク局長を歴任。現在、ECDとして全社およびグループ横断、7つのプロジェクト推進リーダー。

  • 齋藤 充

    Mitsuru Saito 

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)
    執行役員 テクノロジーイノベーション統括補佐 兼 メディア&ソリューション統括補佐 兼 ソリューションビジネス本部長 兼 技術統括本部 メディアビジネス基盤開発部 マネージャー

    DACのプロダクトとデータソリューションの開発を推進するとともに、AaaSをはじめとする博報堂DYグループの付加価値向上に貢献するプラットフォーム開発プロジェクトに参画。

  • 薩摩 定壮

    Sadaaki Satsuma 

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)
    技術統括本部 データ解析局 シニアマネージャー

    SIer、データ解析受託ベンチャー、ゲームPFを経て2014年DAC中途入社。データ解析担当シニアマネージャーとして、DACプロダクトのデータ活用機能の拡充・改良をデータ起点で行うチームを統括。

  • 佐野 亮太朗

    Ryotaro Sano 

    博報堂DYホールディングス
    マーケティング・テクノロジー・センター システム開発グループ

    2020年博報堂入社。マーケティングテクノロジーセンターにてAR領域の開発に注力し、AR版コンテンツマネジメントシステムのプロトタイプ作成に従事。設計から開発、新機能の構想段階まで幅広く担当。

  • 清水 崇文

    Takafumi Shimizu 

    博報堂
    DXプロデュース局

    2018年博報堂中途入社。DXプロデュース局にてデジタル領域を用いた事業課題の解決に従事。データプライバシー、ライブコマース、データサイエンスを専門領域としつつ、DX業務全般のプロデューサーとして得意先ビジネスの成長に貢献する。

  • 清水 康隆

    Yasutaka Shimizu 

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)
    ビジネスデザイン本部 本部長

    デジタル広告を中心に、メディアプラニングやメディアとテクノロジーを掛け合わせた領域に強み。ここ数年はテレビとデジタルの掛け合わせ領域や、メディア効果を増加させるための仕組みの開発業務等にも関与している。

  • 清水 康博

    Yasuhiro Shimizu 

    博報堂
    アカウント戦略局 デジタルビジネス推進グループ

    2018年博報堂中途入社。初年度から台湾海外駐在にて大手通販健康食品を担当。2021年より現部門の横断営業として様々な企業のメディア・デジタルアカウント開発をサポート。

  • 下奥 鈴佳

    Suzuka Shimooku 

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)
    メディアソリューション本部 メディア戦略局 メディアDX推進部

    2021年DAC新卒入社。Googleのソリューション領域を担当。デジタルマーケティングにおいて、クリエイティブ分析やプロダクトの運用サポートに従事。

  • 高木 康晃

    Yasuaki Takagi 

    博報堂
    DXプロデュース局 局長代理

    2002 年博報堂入社。IT / ダイレクト / B2B 系企業を中心に、On & Offline 統合キャンペーン / メディアアクティベーション / mROI 管理業務などを支援。2021 年より現職にて、全社のデジタル領域ビジネスの営業企画やパートナーアライアンスを推進。

  • 滝沢 涼介

    Ryosuke Takizawa 

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)
    メディアソリューション本部 メディア戦略局 メディアDX推進部

    2021年DAC新卒入社。Googleのソリューション領域を担当。Googleの広告配信データ等を活用したデータ分析などデジタルマーケティング支援に取り組んでいる。

  • 武内 寛雄

    Hiroo Takeuchi 

    博報堂プロダクツ
    取締役執行役員 映像事業統括グループ担当

    1990年博報堂入社。コピーライター、クリエイティブディレクターを経て、2019年博報堂プロダクツ着任。映像・動画の革新をベースに、企業の成長とトランスフォーメーションを支援する日々。

  • 立田 真一郎

    Shinichiro Tatsuta 

    読売広告社
    DX戦略推進局 局長代理 デジタル戦略デザイン部 部長 デジタルストラテジスト

    デジタル技術とストラテジックプランニングを活用した、マーケティングやDX支援業務を担当。事業戦略支援、マーケティング、CR制作、MA活用等、幅広い領域の実績多数。独自広告配信技術の開発も手掛ける。

  • 恒川 洋一

    Yoichi Tsunekawa 

    博報堂
    アカウント戦略局 デジタルビジネス推進グループ GM 兼 MDコンサルティング局 兼 DXプロデュース局

    2002年博報堂中途入社。営業部門で飲料・外食系企業担当、メディア部門でのTV担当を経て、2012年より現部門の横断営業として様々な得意先のメディアアカウント開発をサポートし、2018年より現職。

  • 外池 周平

    Shuhei Toike 

    アイレップ
    テクノロジービジネスUnit  広告運用プロダクト企画Div
    プロダクト横断企画グループ

    2019年アイレップに新卒入社。運用型広告の運用経験を経て、サービス企画部門に従事。広告配信の最適化を行うプロダクトの推進をリードする立場で活動。テクノロジーで”当たり前”を塗り替えていくために奮闘中。

  • 戸梶 大陸

    Tairiku Tokaji 

    博報堂テクノロジーズ
    マーケティングDXセンター副センター長
    兼 博報堂テクノロジー開発局 局長代理
    兼 博報堂DYホールディングス マーケティングテクノロジーセンター

    SI企業・テクノロジーベンチャーを経て2011年博報堂入社。マーケティングシステムの研究開発を主要領域としつつ、テーマ研究・要素技術研究・事業企画など幅広い領域においてテクノロジー面での戦略策定や実行支援を行う。

  • 中井 勝大

    Yoshihiro Nakai 

    博報堂
    アカウント戦略局 デジタルビジネス推進グループ GM 兼 MDコンサルティング局 兼 DXプロデュース局 兼 プラットフォーマー戦略局

    2006年、博報堂新卒入社。以来、営業職として自動車、トイレタリー・化粧品、家電メーカーなど様々な得意先を担当。2020年より現職で、多種多様な業界のデジタル・データマーケティングを中心としたフルファネル対応業務に従事。

  • 夏見 拓明

    Hiroaki Natsumi 

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)
    技術統括本部 データ解析局 第一データ解析部 ディレクター

    2018年DAC中途入社。入社以前はコンピュータビジョン(コンピュータで静止画や動画の処理・分析・生成などを行う技術分野)の研究開発に従事。入社後はバナー広告や動画広告などを対象に各種特徴抽出・配信実績分析といった業務に従事。

  • 野首 彩子

    Ayako Nokubi 

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)
    博報堂デジタルイニシアティブ プロセス&クリエイティブデザイン本部 クリエイティブ推進局 パフォーマンスクリエイティブ推進部 デジタルクリエイティブディレクター

    デジタル広告のコピーライティング・クリエイティブディレクションを担当。パフォーマンス領域を中心にDAC各部署と連携しデジタルファーストな広告を制作。

  • 野津原 竜太

    Ryuta Notsuhara 

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)
    博報堂デジタルイニシアティブ ビジネスデザイン本部 シニアマネージャー

    2010年DAC新卒入社。自動車・消費財クライアントのデジタルメディア領域の営業・戦略立案の経験を経て2020年より博報堂デジタルイニシアティブ内の戦略部隊「ダイレクト営業局」のマネジメントを統括。

  • 橋本 義彦

    Yoshihiko Hashimoto 

    アイレップ
    デジタル統合推進室 室長

    2021年アイレップに中途入社。前職のクライアント経験を活かし、今後の広告業のサービスレベルをもう一段引き上げるため、特にテクノロジーやAI技術を活用した次の一手を日々模索中。

  • 林 貞光

    Sadamitsu Hayashi 

    アイレップ
    テクノロジービジネスUnit プロダクト開発Div Division Manager

    アイレップでエンジニア組織の立ち上げを担当。部門内の各プロダクトのマネジメントを担当。AI研究の成果を速やかにプロダクト化できる組織を目指して、技術や基盤の標準化を推進中。

  • 原田一志

    Kazushi Harada 

    博報堂プロダクツ
    事業企画室BX推進部

    全社を横断的に活動し、BX(ビジネストランスフォーメーション)を推進する専門組織をマネジメント。テクノロジーの事業への活用や、外部とのアライアンス構築、デジタル関連組織の立ち上げなどを担う。

  • 藤川 祐也

    Yuya Fujikawa 

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)
    博報堂デジタルイニシアティブ ビジネスデザイン本部 プランニング&テクノロジー推進室 兼 博報堂DYメディアパートナーズ 統合アカウントプロデュース局 AaaSアカウント推進二部

    2021年に博報堂DYメディアパートナーズ中途入社。前職の経験を活かし、現在はAaaS(Advertising as a Service)を起点にメディアプラニング、基盤開発、データテックソリューション領域といった横断的な業務に従事。

  • 藤本 良信

    Yoshinobu Fujimoto 

    博報堂テクノロジーズ
    執行役員メディアDXセンター長 兼 博報堂DYメディアパートナーズ メディアビジネス基盤開発局長 兼 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)

    2001年に博報堂に中途入社。メディアプランニングデータやシステムの研究開発を担当。Atma(視聴ログソリューション)の開発等を手掛ける。現在はAaaS(Advertising as a Service)の開発領域を担当。

  • 松浦 伸二

    Shinji Matsuura 

    博報堂DYメディアパートナーズ
    統合アカウントプロデュース局局長代理 兼 AaaSアカウント推進3部部長

    テレビタイムのバイイング担当を経てメディアプランニングを10年強にわたって担当。その後データ開発セクションを経験し、現在はテレビ・OTTセールス、運用型テレビなど次世代型テレビビジネス推進、AaaS(Advertising as a Service)の推進業務を担当。

  • 松倉 正浩

    Masahiro Matsukura 

    博報堂
    アカウント戦略局 局長代理 兼 デジタルビジネス推進グループ 部長 兼 DXプロデュース局 兼 プラットフォーマー戦略局

    2004年に博報堂へ中途入社。営業部門で、通信キャリア・消費財クライアント等の各種ブランド・サービスの戦略立案~施策実施を担当。近年はデジタルマーケティングの案件を数多く担当し、2018年より現職。

  • 松﨑 健

    Ken Matsuzaki 

    博報堂DYメディアパートナーズ
    クリエイティブ&テクノロジー局 ソリューション開発グループ

    テック・クリエイティブ・プロデューサー。AIやXR領域の最新技術を駆使して、「テックR&D」と「テック・クリエイティブ」の二刀流をテーマに、国内外のスタートアップの皆様と一緒にオープンイノベーションを推進。

  • 南 健之介

    Kennosuke Minami 

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)
    博報堂デジタルイニシアティブ ビジネスデザイン本部 副本部長

    2012年から博報堂ブランド営業職を経て、2017年よりデジタルメディア領域のプロデュース業務に従事。現在は、博報堂DYグループのデジタルフロントを担う、博報堂デジタルイニシアティブ ビジネスデザイン本部を横断的に管轄。

  • 森田 尚樹

    Naoki Morita 

    博報堂DYメディアパートナーズ
    メディアビジネス基盤開発局 システム開発部 兼 博報堂テクノロジーズ

    2020年博報堂DYメディアパートナーズ中途入社。前職では大規模システム開発及びAI&IoTを活用して動物の交配・体調管理を研究。現在は開発リードエンジニアとして次世代HDYDダッシュボードのディレクション業務を担う。

  • 矢田 彰仁

    Akihito Yada 

    博報堂
    生活者エクスペリエンスクリエイティブ局 永川チーム

    2018年博報堂DYデジタル(現デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC))へ入社。運用型広告の運用、制作部門マネジメントを経て、動画制作チームQuickMovieの立ち上げとマネジメントを管轄。

  • 山口 公男

    Kimio Yamaguchi 

    博報堂
    プラットフォーマー戦略局 マーケティングプラットフォーム戦略グループ GM
    兼 DXプロデュース局

    2008年博報堂に中途入社。営業として大手PFerの国内および海外でのコミュニケーションローンチなどを担当。2018年よりスタッフ部門に異動し、各クライアントのDX業務サポートおよび博報堂社内・グループ内の体制整備、各PFerとの連携を担当している。

  • 横山 昴

    Subaru Yokoyama 

    博報堂
    生活者エクスペリエンスクリエイティブ局 永川チーム

    DCD兼“サービス立ち上げ屋”。全プラットフォームと連携しクリエイティブを開発する「.QuickMovie」や、短尺デジタル動画集団「ULTRA SHORT」を兼務。3年間で1,500本以上の動画を制作からPDCA運用まで担当。その経験から動画起点で逆上がりしTVCM運用までを統合プランニングすることを得意とする。2021年Tiktokと共に発足したクリエイティブチーム「TiQuick」では縦型動画プランニングとクリエイターコンテンツにの可能性最大化を見据えて奮闘。

  • 渡邊 一平

    Ippei Watanabe 

    博報堂DYメディアパートナーズ
    プラットフォーマー戦略局 第二グループ 兼 博報堂 プラットフォーマー戦略局 第二グループ 兼 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)

    2019年株式会社博報堂DYメディアパートナーズ入社。入社以来、デジタルプラットフォーマーと向きあい、メディアプロデュース業務や分析ソリューションの開発に従事。現在はプラットフォーマーのデータやテクノロジーを活用したクリエイティブソリューションの実装も担当。

  • 渡部正人

    Masato Watanabe 

    博報堂プロダクツ
    動画ビジネスデザイン室 マルチクリエイション部

    動画ディレクター/エディター/シネマトグラファー。2010年博報堂プロダクツ中途入社。通称「ナベB」。
    媒体Tipsを熟知した演出から撮影、編集、CG等すべてを手がけ、デジタルの素早さとTVCMのクオリティであらゆる映像クリエイティブの効力を大きく飛躍させる。